養豚農家向け位相差顕微鏡「YUME-900」
→「YUME-900」スライドウォーマー対応モデル
イポナコロジーの位相差顕微鏡なら、精子の900倍〜3,600倍の大きさで観察でき、尾の先までしっかりと鮮明に見ることができます。また、スライドウォーマーを使用しながら精子の観察ができるよう対応しました。
位相差顕微鏡「YUME-900」

■CCDカメラ    1/4インチ 41万画素CCD
■映像出力    ビデオ出力(NTSC)
■焦点調節機構 直進ヘリコイド式
■対物レンズ   10倍位相差対物レンズ(附属)
■鏡筒長      160mm
■ステージ     XYメカニカルステージ
■集光器      0.65倍コンデンサーレンズ
■寸法        125x200x330mm
■重量        2.8kg
■光源       LED(高輝度発光ダイオード)
■電源       DC12V(専用ACアダプター)

パンフレット・ダウンロード

PDF

※リンク(PDF)を右クリック、「対象をファイルに保存」でダウンロードします。

900倍以外の倍率で見る場合は、以下のオプションが必要となります。
■4倍明視野対物レンズ
 (360倍ですが、白黒反転して見えます。)
■40倍位相差対物レンズ
 (3,600倍の高倍率で見ることができます。)

豚の精子:900倍で見た画像  豚の精子:3600倍で見た画像
※左側画像:倍率900倍で観察した豚の精子(対物レンズ10倍)
※右側画像:倍率3,600倍で観察した豚の精子(対物レンズ40倍)
→ホームに戻る